介護福祉士の国家資格としての概要、行われている業務、施設についての内容を具体的にご紹介していきます。「介護や福祉」に興味がある方や簡単な知識としてサラっと知りたい方の参考になれば幸いです。




在宅介護支援センター

在宅介護支援センター


在宅で65歳以上の、虚弱、寝たきり、痴呆などの高齢者とその家族を対象とした総合的な
相談窓口になります。 専門家に無料で在宅介護に関する疑問や悩みを相談できます。
また、施設入所の斡旋や福祉サービスの手続きなども代行で行っています。


利用者が直接、各市町村の窓口に出向かなくても必要な保健福祉サービスを
受けられるのも特徴の一つになっています。


特別養護老人ホームや病院などに併設されている為、24時間の対応も
可能となっています。


<保健医療職と福祉職のペアで勤務>

A: 保健婦とソーシャルワーカー

B: 看護婦と介護福祉士


上記、がペアで常に相談員として勤務することになります。 また、上記2人だけでは
24時間体制での対応は困難な為、併設された施設との連携が非常に重要で不可欠です。


業務の内容や相談が様々のことから、現場での経験を十分に積んだ人でないと
在宅介護支援センターでの勤務は厳しいものがあります。
また、ケアマネジメント能力も要求される職場でもあります。

▼ 【 高齢者のための施設 】の最新10件
【介護のニーズは今後ますます高まります】
ご存知のように本格的に高齢化社会が到来しようとしています。
そんな時代の要請で誕生した国家資格の一つに介護福祉士があります。

2015年の日本では4人に1人が65歳以上の高齢者で、「寝たきり」や
「痴呆」などの介護が必要とされる方は、2025年には、500万人以上
という予測がされています。
2015年、2025年なんてのは、もうそこまで来てますので「他人ごと」と
誰も考えてはいけないのではないでしょうか。

もうこのような状態だと、少子化の問題もありますので家族だけに
頼るのはちょっと無理だと言わざるを得ないでしょう。

介護専門職の彼らの仕事は今後、大変さを増すと容易に想像が出来ますが
益々の活躍を期待しています。



なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

薬用リョウガ 育毛剤 ・成海璃子 ・わかる!英文法

介護福祉士 高齢化する日本での国家資格であり介護の専門家Topへ