身体障害者授産施設

身体障害者授産施設

大きく、授産=作業 と考えて問題ありません。


一般の企業や職場で、身体障害により雇用されることが困難である人や
上記の理由により生活に困っている人を対象にしている施設です。


実際の職業を提供したり、将来のための職業訓練なども行っています。


障害の程度や利用の仕方により下記のように分けられます。
また、ひとりひとりの能力や関心に応じた指導が行われます。

◆ 重度身体障害者授産施設


◆ 身体障害者授産施設


◆ 身体障害者通所授産施設


◆ 身体障害者福祉工場


入所対象者は、身体障害者手帳を持つ原則として18歳以上の方です。
※必要と認められた場合、15歳以上も可。


授産の内容は主に下記になります。

手芸、陶芸、木工、クリーニング、印刷、袋詰め、部品加工、
コンピュータプログラミングなどなど。


ここでは介護福祉士は、主に寮母として重度の障害者を中心に介助や
日常生活の面を支えます。



● 内臓脂肪とダイエットについて

● 自分を裏切らないブログ

● ブラッド・ピットが昔はアルコール依存症だった!

● 気管支喘息


| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数



インフォメーション



  • うつ病で障害年金を受給する方法
  • コウジの理解し伝え表現するブログ
  • 風邪か?インフルエンザか?この症状
  • ザ・写真集
  • 理事長くーちゃんの幸せでラッキーな毎日!
  • たった3日で血糖値を下げる!糖尿病改善食事法

  • メニュー

    サイト内検索

    パーツ

    • SEOブログパーツ

    seo great banner