身体障害者福祉センター

身体障害者福祉センター


在宅で生活している障害者やその家族などが、無料または低額で利用ができる
通所型の施設


利用者の様々な相談に応じたり、機能訓練レクリエーションを通じて
社会参加への促進等を図っています。


身体障害者福祉センターには下記4つの種類があります。


A型

  都道府県、指定都市に設置され、健康増進や教養、スポーツなどの保健教養の為に
  施設を提供しています。


B型

  人口が10万人程度の地域に設置され、創作活動やレクリエーションなどを行います。


在宅障害者デイサービス施設

  人口が5万人程度の地域に設置され、作業活動などを中心に行います。


●障害者更正センター

  広い地域からの利用ができます。 主に温泉地などに設置され、宿泊もできます。


ここでは介護福祉士は、主に寮母として働き、障害者へのリハビリや教養、作業活動などの
支援を中心に行っています。
B型」や「在宅障害者デイサービス施設」で活躍されている方が
介護福祉士では多いようです。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数



お気に入りに追加

メニュー

インフォメーション



サイト内検索

パーツ

  • SEOブログパーツ

seo great banner